開発者の苦労-当社開発者が語る「中小企業請求書」完成までの苦労
開発者の苦労
この「中小企業請求書」は、名前の通り、中小企業で使用されることをターゲットに開発されております。
現在、中小企業が成功をおさめるためには、大企業にできない特化したサービスや商品を提供することが求められています。そのためには、請求書の発行や請求残高の計算などの煩雑な業務は、簡単・迅速にすませ、本業に力を入れられることが一番と考えました。この「中小企業請求書」は、どなたでも使いやすく、高速に業務をこなせるように作られました。

実際に作る際には、業務の流れを見聞したり、推測したりして、開発を進めていきます。業務の細部はお客様によって違いが大きかったり、年に1回ぐらいしか発生しない特殊な請求ケースがあったりし、なかなかまとめきれませんでした。試作版を作り、使用感や不具合を聞いて、修正するということを繰り返して、ようやく今回のシステムが完成しました。

作っては直し、作っては直しという作業の果てに完成した「中小企業請求書」ですが、使用されたお客様から、「使いやすい」「手書きと同じように出せて驚いた」などのお声をいただけました。
多少はもくろみ通りに出来上がり、お役に立てるものが提供できたかと思います。
お試し版を用意しておりますので、一度ご使用なさってみてください。


無料体験の案内